2012年01月19日

年末の京都旅行その2(もみぢ家別館川の庵の夕食)

さて、どんどんアップしちゃいますっ。本日は食事編。

モアナが2歳になり、大人と同じものを何でも&それなりの量を食べるようになったので、
今回は宿を予約する時に「寝具+子供用の食事」というプランでお願いしました。
(前回まではいつも寝具のみで予約)

で、寝具と子供用の食事付き、というプランは旅館によってかなり金額が違います。
大人と同じとまではいかなくとも、それに近い金額だったり、「子供の食事」の内容が
更に細分化されていて、「ご飯+ふりかけ+お味噌汁+デザート」のような
かなり簡易化されたもの(多分未就学児を想定)と小学生でもお腹いっぱいになるような
しっかりした食事とで金額が違ったり、などなど。

もみぢ家別館川の庵さんは「寝具+子供用の食事」の料金が14,700円と
モアが見ていた宿の中ではかなり良心的なお値段。
なので食事は簡易的なものかな?と思っていたけど、ちゃんとしたものがしっかり出ました!

離れの場合、夕食のみ部屋食です。
お品書きがなかったので、料理の中身は記憶を頼りに・・・(笑)

モアナのご飯。
m_dinner1.jpg
ハンバーグにエビフライになめこのお味噌汁、平目のお刺身、煮物、デザートはメロンとイチゴ。

煮物の中身。
m_dinner2.jpg


ここから大人のご飯。(七色のセロハンが・・・・)
m_dinner4.jpg

セロハンを外してパシャッ
m_dinner5.jpg

西京焼き美味しい!
m_dinner3.jpg

炊き合わせ。きのこ、鴨団子、海老芋などなど。
n_dinner6.jpg
きのこが大きくて美味しかった〜っ。海老芋というのはサトイモの一種?
かわせみでもよく出てくる食材で、大好きです。

丹波牛の朴葉焼き。ジュージュー
n_dinner7.jpg

仲居さんが目の前で焼いてくれてたら、モアナが仲居さんのことをこのあとずっと
「調理さん」と呼んで恥ずかしかった(爆)
※お料理する人=調理さん(保育園用語・・・?)

豆乳鍋。この紙とか固形燃料で炙るスタイルとか、なんだかなつかしい感じ(笑)
m_dinner8.jpg

赤こんにゃく。食べると結構普通なんですね(?)
m_dinner9.jpg

またまたジュージュー焼きます。これは鶏肉だったかな?
m_dinner10.jpg

豆乳鍋にもお肉(確か豚?)が入っていたので、お肉のパレードで
もうお腹一杯すぎる〜!!
こういうメニュー構成も一昔前の旅館風な気が(^^;)(うるさいって?(笑))


湯葉の中に穴子(うなぎだったかも(汗))が入っている煮物。赤いのは京人参。
m_dinner11.jpg

炊き込みご飯、ハモのお吸い物、お漬物。
m_dinner12.jpg

イチゴと小豆のゼリー寄せ(と呼んでみた)にりんご。
m_dinner13.jpg


と、こんな感じでボリュームしっかりで、食材も種類が豊富で、猛烈に印象に残るほど美味しいものとかはないんだけど、どれも美味しくいただけました。


夜のお布団はこんな感じです。
futon.jpg

一番奥の膨らんでいるお布団は、中にモアナが入っています(笑)
中に湯たんぽがセットされていて、寝るときはとっても温かかったんだけど、
夜中はエアコンが切れちゃったので、明け方に寒くて目が覚めました。
時計を見たらAM6時。想像より結構持ちこたえられたような(笑)

今までモアが泊まったことがある同じ価格帯の宿というと箱根吟遊かぁ。
うーん、これは微妙な宿だなぁ、などと思いながら過ごした夜でした(^^;)



posted by モア at 17:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 京都旅行2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お子様用のお膳にも平目が! いいな〜、モアナちゃん。

丹波牛のサシもいい感じに入ってますねー。
それにしても、部屋出しの食事なんて、もう何十年と食べていません。
まあ、国内旅行自体、あまり行かないからなのですが。

お風呂は残念でしたね。
露天=温泉てイメージが出来上がっちゃってますからね。
お次のお宿はどんな感じかな〜。

Posted by NENE at 2012年01月20日 15:11
NENEさん
実はモアナにはまだお刺身を食べさせていなくて
(もうそろそろこういう生モノもOKなのかも?ですが)
この平目はMujiが・・・(笑)

でもお刺身はやっぱり伊豆とか東北とか、漁港近くのほうが断然美味しいですよね。
ここの食事はお肉と野菜の方が美味しかったです。

>露天=温泉てイメージが出来上がっちゃってますからね。
そうなんですよー。
部屋露天が温泉とは限らない、というのは過去にも身をもって体験済みなのに
またやってしまいました(−−;)

お次のお宿はハイアットなので、普通のシティホテルです(^^;)
今回はお宿に大満足!というような旅ではないですが、
京都はやっぱり何度行ってもいいな〜と思いました♪
来年は京都で年越ししてみたいです^^
Posted by モア at 2012年01月20日 16:43
はじめまして。モアさんのブログを見てハイダウェイに興味をもって、2回ほどリピートしているものです。
先月いったときに今年5月からクローズすると聞きました。
水上ヴィラを50部屋くらい立てて、そこは専用のレストランがあってバトラーサービスがないって言ってましたがどうなるんですかねー?
朝食もエッグメニューなどが前はあった気がするのになかったり、少し変わってましたが、人柄は良く、変わらない雰囲気でした。メニューになくてももちろん作ってくれました笑。

モアさんは工事前にいかれるんですか?ちょうどGW後クローズみたいですし、クローズ直前の雰囲気も気になりますね。

京都旅行もいいですねー。これからも旅行記楽しみにしてます。
Posted by マフィン at 2012年01月21日 12:57
「調理さん」モアナちゃん可愛い〜!!(*^◯^*)
湯たんぽ、あるとホッとしますよね〜。
私は冷え性で足が冷たくて眠り辛い時があるので湯たんぽがあるととっても有難いです(^_^;)


吟遊さん、キャンセル待ち16組!?Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
もう、「さすが吟遊様…」としか言えません(笑)
そしてさり気なく吟遊さんと比べちゃうモアさん(笑)
違って当たり前なのに同価格帯だと比べちゃいますよね〜!!
Posted by ムム at 2012年01月21日 21:47
マフィンさん
はじめまして(^^)コメントありがとうございます♪
先月ハイダウェイに行かれたんですかー!!(≧▽≦)羨ましい。。。

水上ヴィラが50室くらい、専用のレストラン、バトラーナシ・・・
という話はモアも他のリピーターさんから教えてもらってビックリしていたところです。
新しくできる水コテ群は「同じ島にあれど、サービスもハードも全く違う別のリゾート」
ということみたいですけど、でも同じ島にいて顔を合わせるわけですし、
それってどーなの??ですよねぇ。
モアも全く想像がつかないです、、、

なんだか他にも色々変わってるみたいですけど、
皆さん「でもあの雰囲気は変わってないよ」と言うので、
Close前に行きたいのですが・・・
G.Wは既に他の予定を入れてしまっていて、今のところまだ予定がたってないんですよ(T-T)

コスト意識が甘くてゆるゆる〜なところと、
ちょっとお間抜けな愛らしさっていうのが
ハイダウェイのよいところだったので(笑)
改装してもその雰囲気はそのままであってほしいです。

ところで夏はモルディブにしようと思ってるんですけど、
ハイダウェイがCloseとなると、他にどこ行こうか??と、、、
マフィンさんは他にどちらのリゾート行かれたんですか?また色々教えてくださいね♪♪
Posted by モア at 2012年01月23日 10:29
ムムさん
そうそう、湯たんぽって嬉しいですよねー!!
私も久しぶりに使って「あぁ、なんて幸せ☆」って思いました(笑)

>吟遊さん、キャンセル待ち16組!
どうもこれって、リピーターさんとかが予約開始と同時に
にガンガン予約入れちゃうからみたいですよ。
予約がなかなか取れないから、行けるかどうかわからないけど、
とりあえず予約入れとこう、みたいな人が多く、
ゆえにキャンセルが周ってくる確率も結構高いみたいです。
私の周りではキャンセル待ち2桁でも周ってきたよ、っていう人結構いますから。
どうか気を落とさずに(^^)

>そしてさり気なく吟遊さんと比べちゃうモアさん(笑)
いや、だって、値段ほとんど一緒なんですもん(笑)
Posted by モア at 2012年01月23日 10:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。