2012年01月17日

年末の京都旅行その2(もみぢ家別館川の庵のお部屋)

本日はお部屋の紹介です。

この宿には露天風呂付きの客室と露天風呂付きの離れがあり、予約時には両方空いてたんだけれど、
露天風呂付き客室のほうの露天風呂はちょっと小さめで大人2人では入れなそう?に見えたので、お風呂が広そうな離れにしました。

離れの玄関。
hanare_ex2.jpg

ガラガラっと玄関の引き戸を開けて、
hanare_in.jpg

こちらが主室。(なんか昭和な感じ(笑))
momiji_room.jpg

隣にもう一室。こたつ、これは嬉しい♪
momiji_room2.jpg

旅館のHPで見た写真よりだいぶ古い感じがするんだけど(^^;)、まぁそういうのは昨今はよくあることですよね。(と自分に言い聞かせている(苦笑))

何よりここの宿のお目当ては露天風呂ですからーっ!!

とういうことで、早速お風呂を見に・・・((((=・o・)ノ ゴーゴー♪

一応Wシンク。
P1070306.jpg

この洗面所は2つのシンクの間に引き戸があるんです。
引き戸を閉めておくと手前の洗面所は暖房がきいて暖かいし、一人が着替えてお風呂へ〜というときに、もう一人が気にせず洗面所を使えて便利でした!

し、しかし、アメニティはすごいですよぉぉ(笑)
amenity1.jpg
(テプラはってある)

色々突っ込みたいけどやめておきます(爆)
amenity3.jpg

イソジン・・・
amenity2.jpg


いいのいいの、ほら、かわせみもリニューアルする前は「ちょっと昔の一般家庭風」な洗面所だったでしょ。
お風呂が堪能できればそれでよいのです。


洗い場は新設されたもの?なのか新しくて綺麗。
momiji_karan.jpg

そして、ここのシャンプー類は割りと普通のものが。
momiji_showers.jpg

この洗い場の引き戸を開けて、デッキへ出ると、、、
momiji_bath0.jpg

あれ、なんで銀色のカバーがあるんだろ?(・・?)

温泉だという思い込み→更にかけ流しと想像 だったため、しばし硬直・・・・

そして「お風呂に入る前には、この追い炊きボタンを押して充分に温かくなってから入ってください」
という宿の方の説明を聞いて、えーーーーーーーーーーーーーーっ!!!
momiji_bath3.jpg


ここ、温泉じゃなくて普通のお湯だったのね(|||▽||| )
そういえば宿のHPにはどこにも泉質のことが書いてないし、源泉かけながしともうたってないし、勝手に思い込んだモアが100%悪いってのはわかるんだけど、でも嵐山温泉って検索すると「高雄・嵐山」というエリアでこの宿がひっかかり、露天風呂付き客室あり、だったのでもうてっきり温泉だと思っていたのですよぉぉぉぉ。。。。(びえーんっ)

でも川沿いでそれなりに風情があり、夕食前と夕食後と翌朝と、結局3回も入りました。
(結構楽しんでいる(笑))
momiji_bath2.jpg

momiji_bath.jpg

※壁の蛇口をひねると竹の筒からお湯が出ます。撮影時だけ出してみた。


下をのぞきこむモアナ。(乗り出し過ぎに注意)
momiji_dekki.jpg

下の川はこんな感じ。
river_view.jpg


ところで、この宿で驚いたことはもう2つほどありまして・・・
sign2.jpg

部屋にさらりと置いてあったこの注意書き。
え!夜は暖房切れちゃうの?!?とビックリ。
それでさっき宿の方が「0時から明け方まではボイラーが止まるので入浴はできません」と言ってたわけね。
西の方でも、原発の稼動が停止して電力が充分でないらしい、というような噂を聞いたので、そのせいかしら。
とほほほ、夜は寒くないかなぁ、なんだか震災直後に帰省したときの輪番停電を思い出すなぁ・・・としんみりしてしまうモアなのでした(苦笑)
(でも節電は文句言えません、旅行に来れるだけでも恵まれてますからねー、がまん、がまん。)


で、それとは無関係のコレもびっくり(笑)
sign.jpg
知らなかったら真っ先に避難しちゃうとこですよ(苦笑)
モアが滞在中にはサイレンがなることはなかったですけどね。

ということで、2011年は一度も温泉に入らずに終わりました(ノд-。)クスン

次回は食事編です。


posted by モア at 13:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 京都旅行2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
┃電柱┃ω・`) ソォー モアさん、超遅ればせながら あけましておめでとうございます( ・ノω・)コッソリ

年末に京都に行かれたんですね〜。
昭和な和室、私は結構好きです。すごく落ち着きそうで^^
でもアメニティは笑えますねぇ・・・(='m')
カットメンて・・・(笑)
ヘアーリキッドって、これまた昭和の香り?
使いかけのイソジンが置いてあるのもちょっと衝撃的(笑)

それにしても残念でしたね→お風呂。
私も以前、予約した旅館の客室露天風呂が温泉ではないと気づいて
キャンセルしたことが2回くらいあったかな。
露天風呂がついていれば、温泉だと思い込んでしまいますよね。
そうじゃないなら、HP上にわかりやすく書いておいて欲しいです(vv;)

しかし、夜中の節電て、あまり意味が無いと聞いたような?(・・?


ではでは、今年こそランチ行きましょうね〜^^
今年もよろしくです☆
Posted by ここりん at 2012年01月18日 09:31
ここりんさん
お久しぶりですー!
今年も宜しくお願いします(^▽^)/

昭和な和室、私も好きな部類なんだけど、
なんていうか、ここは情緒や風情がある、とかじゃなくって、
単純に古いって感じで、なんだか寂れた気分になってしまって(^^;)

>使いかけのイソジンが置いてあるのもちょっと衝撃的(笑)
でしょでしょー!!(爆)

客室露天風呂が温泉ではない宿、って実は結構ありますよね。
わかっているのに、ついついチェックするのを忘れてしまいました(vv;)
まぁでも今回に限っては、もし事前に解っていても、空いている宿がないから
予約してしまったかも、ですが。。。

夜中の節電、言われてみればそうでした!
電力不足が騒がれ始めた頃、伊豆あたりの宿も夜は電気を落として・・・
とやっていたようですが、みんなすぐにやめちゃいましたものね。
ここはその時からの名残でまだやってるのかなぁ・・??
何しろ明け方が寒くて寒くて目が覚めてしまったほどでした。
(その時にはもう電気が使えたのでエアコンつけましたけど)

ではでは、今年こそぜひランチ行きましょうね!
私も体調万全に整えておきますっ!
楽しみにしてます(^m^)
Posted by モア at 2012年01月18日 10:23
はじめまして、ムムと申します。
以前からかなりお邪魔しているのですが、今回はじめてコメントさせていただきます☆

私もお宿巡りが趣味な為、モアさんのレポがとても参考になり、読んでいると行った気になれてとても楽しいです(*^◯^*)
私の行きたいお宿のレポも多数あり、いつも羨ましがってます(笑)


実は次回吟遊さんに宿泊しようと思っているのですが、どのお部屋にするかかなり迷っている私です(笑)
モアさんの宿泊された煌星も素敵ですね〜ヾ(*´∀`*)ノ
吟遊のオススメポイントなど教えていただけたら嬉しいです☆

これからモアさんのレポ楽しみにしていますo(^▽^)o

*記事の内容に全然関係ないコメントですいません(^_^;)


Posted by ムム at 2012年01月19日 11:29
ムムさん
はじめまして♪コメントありがとうございます!!
大して更新もないつたないブログを見に来ていただいて感謝ですm(-_-)m
記事と関係なくてもぜんっぜんOKですよん^^

で、吟遊のお部屋ですが、私も最新情報は全然詳しくないのですが、
当時の人気のお部屋は煌星(私が泊まったお部屋)と北斗(部屋が広め&その分テラスが狭い)と聞いた記憶があります。
最近は4F角部屋の「渓流」というお部屋も人気らしく、個人的には次回はココに泊まりたいなぁと思ってます^^
(5Fロビーの真下なので眺望が抜群&露天風呂が他より広そう&内湯もあり(煌星にはなかった)などなど)

あ、あと去年夏あたりから料理長が変わったそうなので、
食事に関しては私の旅行記は全く参考にならないと思われます(^^;)
ムムさん、行かれたらぜひ詳細を教えてください〜

後ほどムムさんのブログにもお邪魔させてもらいますね。
Posted by モア at 2012年01月19日 16:07
モアさん、お返事ありがとうございます☆

なるほど〜!
やっぱり4階のお部屋は魅力的ですよね〜(*^o^*)
北斗も気になってたんですよー!
お部屋の広さを取るかテラスの広さを取るか…。
やっぱり悩み処です。
SPAを諦めて4階のお部屋狙いにしてみようかな?(笑)

料理長変わられたんですかぁ〜!
一度も行った事のない私には比較対象がありませんが、どんなお料理か楽しみだぁ(*^◯^*)
って、まだ予約してないんですがね…(^_^;)(笑)

ではでは、またお邪魔させていただきます♪
Posted by ムム at 2012年01月19日 18:09
ムムさん
4Fの渓流、すごく魅力的ですよね〜!!
モアが行った頃は、このお部屋は宿に直予約するしか泊まる方法がなかったんだけれど
今はじゃらんとか近ツリとかでもとれるのかな??

吟遊は、電話でキャンセル待ち@週末をお願いすると
「その日のキャンセル待ちはお客様で16組目です」
とか絶望的なこと言われるのですが(苦笑)
意外とキャンセルが周ってくることも多いようなので、
(友人からキャンセル待ちが取れた!という話をよく聞きます)
どうしても指定のお部屋に泊まりたければ、気長にキャンセル待ち狙いする、
というのもありかもしれません(^^)
Posted by モア at 2012年01月20日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。